アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「洋画」のブログ記事

みんなの「洋画」ブログ

タイトル 日 時
☆「ダニー・ザ・ドッグ」観ました☆
 ジェット・リーとリュック・ベッソンが再びタッグを組んでつくった作品です。前の作品は確か「キス・オブ・ザ・ドラゴン」だったでしょうか。  お話としては、幼い頃誘拐された少年が闘犬として育てられた生活から、人の温かさと絆に触れ、人間としての生活を取り戻していく、というものです。  ストリートファイターとしての要素がありますので、ジェット・リーの動きも幾分粗くなっていますがまあそういう役柄なので、しょうがないのかな、と。それよりも人間的になる過程の方が強調されるべきでしょう。力のない虚ろな目から... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/11 14:47
☆献血しながら「ペイ・チェック」観ました☆
65、66、67回の3回をつかって観ました。成分献血を4サイクルで抑えているせいか、時間が早く過ぎてしまいます。 ベン・アフレック主演、ジョン・ウー監督のアクション映画です。 19の自分の送ったガラクタがヒントになって失った記憶のナゾを解くというのがおもしろいアイデアです。  バイクアクションや棒術も魅せてくれますが、とにかくユマ・サーマン強すぎます。研究員役なのでしょうが、敵の顔面にクリーンヒットを何発も決めていました。  さて、この映画にでてくるテーマが気がついたものが「記憶を代償... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/06/14 22:07
☆「コンスタンティン」観ました☆
 キアヌ・リーブス主演の悪魔払いの映画です。それなりに見入るものがあり、それなりに引き込まれます。チケット代相応というところでしょうか。  映像描写や宗教的な小道具もよくできています。「ドラゴンの息」とかドラクエが具現化された感じですかね。聖書や自殺、天使と悪魔のことがもっとよくわかっているともっと楽しめるのかもしれませんね。  さて、この主人公「コンスタンティン」は、天国に行きたいばっかりで悪魔祓いをしているという、人間的な身勝手さを持っています。肺がんで余命1年なのにタバコはやめない、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/05/01 22:27
☆「エターナル・サンシャイン」観ました☆
 とてもよくできた映画です。ストーリーの展開のさせ方も逆回しでおもしろいですが、何よりも記憶にかかわる思い出の大切さを感じさせます。  失恋の痛みを記憶で消すことで忘れようとするわけですが、消していくうちに大切にしておきたい思いに気づいていきます。原題は「eternal sunshine of spotless mind」。普段は忘れていても大切にしておきたい出来事、思い出、香り、ぬくもり、その瞬間に感じた気持ち、そのすべてにおいて輝きを失わないものがある、ということなのでしょう。  それか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/17 16:02
☆献血しながら「スパイダーマン」観ました☆
 62回目と64回目の献血でスパイーダーマンを観ました。血小板をとりましたが、5サイクルでやったのでだいぶ時間がかかりました。でも、ぜんぶは見れず2回かかってます。  アメコミシリーズは、ヒーローだけれども人間的な迷いとか躊躇、葛藤が出ているところが好きですね。能力は超人だけでも、こころは一般の人間とかわらない、だから観ている方も一緒になって入り込んでいけるのだと思います。  グリーンゴブリンが乗っているあの乗り物ってガンダムに出てきませんでしたか?「トブ」か何かに似ていた・・・・  「大... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/16 20:00
☆「ブリジット・ジョーンズの日記〜切れそうで切れないわたしの12ヶ月」観ました☆
 前作同様笑えて元気になれて、観た後に何となくいいことがありそうな気になる、そんな映画です。 レニー・ゼルウィガーは素晴らしいですね。ドジで、気持ちが抑えられずに行動してしまう。でもかわいらしさがある。この演技力がこの映画のおもしろさのほとんどを占めています。  さて、今回はブリジットに彼ができて、その関係が揺れ動きます。自分から離れてしまうのではないか、やっぱり自分とは不釣合いじゃないか、いろいろな葛藤から相手を疑ってしまったり鋭い言葉を発してしまったりしてしまいます。  自分でも、自分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/14 14:32
☆「きみに読む物語」観ました☆
 すごくいいお話です。泣いてしまいました。  あるグループホームに住む認知症の女性に、男性が若い男女の恋愛物語を読んで聞かせるというものです。恋愛ストーリーは単純ですが、この読み聞かせるところにとっても意味があります。  認知症で自分が誰かわからなくなっている妻に、奇跡を信じて夫が若い時の自分達の話をするわけです。読み聞かせをしている本も、忘れ始めた妻が記録として残しておくために書いたものでした。  この男性は、私にとってはひとつの理想型だと思いました。ひとりの女性を愛し続ける。自分のこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/13 11:31
☆「オペラ座の怪人」観ました☆
 歌を歌いながら会話が進んでいくのは、どうも違和感があるんですよね。ミュージカル映画やインド映画もそうなんですが、映画の中にうまく入っていけないんです。今回も途中までは我慢しながら見ました。でも、ラストは魅入ります。あのシャンデリアのシーンは、舞台だとどのようにやるんですかね。(観たことないので)  音楽はやっぱりいいです。パイプオルガンがすごく効いているし、歌はすごかったです。本当に歌っているのでしょうか、ふき替えているのでしょうか。ファントムは声質が重くなく、柔らかさも兼ね備えていました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/02/07 10:09
☆「Ray」観ました☆
 ジェイミー・フォックスの演じるレイ・チャールズは、自分の持っているイメージの人とあまりにピッタリきてびっくりしました。それどころかオーラが見えるぐらいすごい演技でした。  レイ・チャールズのことはほとんど知りませんでしたが、これほどまでに惹きつけられ、新しい音楽を生み出し表現していった人だったんですね。ソウルフルな声をそうですが、演奏とアレンジがすごいなと思いました。あれがレイ・チャールズという人の内的な部分から自然と発する音楽なのかな、とも思います。  一方でドラッグや人間関係のいざこざ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/04 01:02
☆「ネバーランド」観ました☆
 ベッドの上で子ども達が浮いて窓から飛び出したときにゾクッとしました。これが「ピーターパン」の誕生なんだな、と。  「ピーターパン」著者であるジェームス・バリ自身がピーターパンだったんだな、と思いますがそれは大人に成り切れていない、ということではないです。「遊び」を忘れずに楽しいことを考えることができる、ということです。  大人になる瞬間はどんなときでしょうか。少しずつなっていくのでしょうが、自分の利害を超えて他人のことを考えることができる、ということがそのひとつかもしれません。その一方で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/28 00:59
☆「ターミナル」観ました☆
 見た後に気持ちが軽くなる、こころが温かくなる作品です。 テーマは「待つ」。ビザを待ち続ける男と、愛人を待ち続ける女。先が見えないと何を待っているかさえわからなくなり、希望や期待を持って待つと、その待つことを生きる力に変えていきことができます。自分の待つその先に何があるのかを描くことが大事なのでしょうね。  話が変わりますが、主人公ビクターは国籍を失うことで何にも属さない人間になります。それは法で護られたり、サービスを受けたりすることができないなど、社会的には死んでしまっている人間です。そう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/15 21:28
☆「スーパーサイズ・ミー」観ました☆
 まず、この命の危険までもある実験であることを理解しながら、また体の不具合に耐えながらやり抜いたこの監督さんはすごいです。クリエイター、メッセンジャーとしての意地でしょうか。本当に説得力のある作品になりました。  しかしながら、漫然とわかっていることを数字で証明することの力がよくわかります。あと、ファーストフードが「中毒」症状を引き起こすことは意外ながらも納得しました。確かに何かと「食べたくなる、なる○○○○○ー」ですからね。  食文化、教育、功利主義、便利主義と重層的な問題がありますが、ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/14 00:59

トップへ | みんなの「洋画」ブログ

◆コラムバジル◆ 洋画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる