アクセスカウンタ

2005年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
☆「ネバーランド」観ました☆
 ベッドの上で子ども達が浮いて窓から飛び出したときにゾクッとしました。これが「ピーターパン」の誕生なんだな、と。  「ピーターパン」著者であるジェームス・バリ自身がピーターパンだったんだな、と思いますがそれは大人に成り切れていない、ということではないです。「遊び」を忘れずに楽しいことを考えることができる、ということです。  大人になる瞬間はどんなときでしょうか。少しずつなっていくのでしょうが、自分の利害を超えて他人のことを考えることができる、ということがそのひとつかもしれません。その一方で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/28 00:59
☆「パッチギ!」観ました☆
 設定は1968年。こんなに熱く激しい、ちょっとひくぐらいエネルギーに満ち溢れた時代があったんだ、とものすごい過去のように感じてしまいました。  発売中止となった「イムジン河」ラジオで流す際に「歌っちゃいけない歌なんてないんだ」というセリフが耳に残ります。今でも戦争が起こるとイギリスで「イマジン」なんか放送禁止になったりしますからね。国策が音楽に影響を及ぼすのはどうしたもんでしょうね。でも国境については言えば音楽は越えつつあるでしょうか。  最近の「北朝鮮拉致疑惑」の話題がありますので、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/01/23 23:36
☆「ターミナル」観ました☆
 見た後に気持ちが軽くなる、こころが温かくなる作品です。 テーマは「待つ」。ビザを待ち続ける男と、愛人を待ち続ける女。先が見えないと何を待っているかさえわからなくなり、希望や期待を持って待つと、その待つことを生きる力に変えていきことができます。自分の待つその先に何があるのかを描くことが大事なのでしょうね。  話が変わりますが、主人公ビクターは国籍を失うことで何にも属さない人間になります。それは法で護られたり、サービスを受けたりすることができないなど、社会的には死んでしまっている人間です。そう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/15 21:28
☆「スーパーサイズ・ミー」観ました☆
 まず、この命の危険までもある実験であることを理解しながら、また体の不具合に耐えながらやり抜いたこの監督さんはすごいです。クリエイター、メッセンジャーとしての意地でしょうか。本当に説得力のある作品になりました。  しかしながら、漫然とわかっていることを数字で証明することの力がよくわかります。あと、ファーストフードが「中毒」症状を引き起こすことは意外ながらも納得しました。確かに何かと「食べたくなる、なる○○○○○ー」ですからね。  食文化、教育、功利主義、便利主義と重層的な問題がありますが、ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/14 00:59
☆「カンフーハッスル」観ました☆
 これはおもしろかったですね。ブルース・リーやジャッキー・チェンが好きな人にはお勧めです。  もちろんカンフーアクションの場面がメインなのですが、ボディコンタクトに加えてCGの表現がおもしろいですね。棒術、発勁、赴門遁功(漢字違っていたらごめんなさい)、映像のアイデアにより広がりをみせています。ゾンビは驚いたですね。  ギャグはなんかドリフとアメリカアニメ(トムとジェリーみたいな)エッセンスが入っていて笑ってしまいます。  しかしヒーローの誕生のきっかけっていうのは、大きな挫折があるんです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/07 23:01
☆「僕の彼女を紹介します」観ました☆
 うーん、あんまり他の方にはお勧めできないですね。チャン・ジヒョンファンにはいいと思います。 まるでPVを見ているような感じですから。それだけ魅力満載とも言えます。  ストーリーにもう少しひねりがあると良かったのかな、という感じです。あまりに先が読めてしまったので。劇中には「そんなのあるか!?」と突っ込みを入れてしまう場面がいくつもありますが、ファンタジーとコメディーの間をいっているというところでしょう。  音楽ですが、X-JAPANの「Tears」を使っておりますがどうも場面には合ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/01/06 23:57
☆「いま、会いにいきます」観ました☆
 すごく泣けるし、自分の好きな人をまっすぐ好きでいたい、そんな風に思える作品です。  自分の愛する人が全く記憶を無くして、出会ったらまた同じように魅かれていく。ここがすごくきれいでした。小日向文世さんが演じたドクターが「そんな相手にめぐり会えるのは、いったい何人いるんでしょうね」と言っていましたが。そんな大事さも、いつかは別れてしまうことを意識していないと忘れるものなのでしょうね。終わりを感じるからこそ今を大事にできるものだと思います。  オレンジレンジの「花」も話題ですが、「セカチュー」同... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/03 19:12

2005年1月のブログ記事  >> 

トップへ

◆コラムバジル◆ 2005年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる